4/13(Fri)@Ruby Room
23:00-

Entrance
前売り1500/1Drink
当日2000/1Drink

SHOW CACE

【guest】
LIBRO
SHO aka S.TIME

【Act】
ARK (走馬党)
Ceeman
Nagano CREW
Useless man Rhym’s(R- type & m.a.d.a)
Rodeo Clown(Curtis &Rei)

【Band】
Secret Colors

【DJ】
TOMOTH
H!ROKI
TAT$UMAKI
Rei
Meme
POPPO

【BTPD Model】
Minami

【FOOD】
裏サバスカレー

【MC BATTLE】
Feat.Secret Colors

Exhibision Match
KMC × Mr.X

Entry Fee 2000円(With 1Drink)
賞金あり

Supported by 胎動LABEL/Rodeo Crown

エントリーフォーム
名前/クルー(所属)/出身地/過去の戦績/連絡先(電話番号)
を件名にBad Tripadvisor/MC Battle エントリー
と入力をして、下記URLまで送信下さい。

※締め切り3/31(土)

RUBY ROOM
http://rubyroomtokyo.com/?page_id=49

 

SHO aka S.TIME

1982年6月19日生まれ、飛騨高山出身、元アルペンスキー日本代表。
今現在HIP HOPアーティストにて活躍中。
またS.TIME STYLE RECORDSの代表、自身のS.TIMEブランドもプロデュースしている。

2007年、THE GAMEの目にとまりアジア人としては異例のTHE BLACK WALL STREETのメンバーとして8つのステージを共にした。
自身のレーベルS.TIME STYLE RECORDSからは、2008年~2010年の間にRIZE & PEACE、BRAND、ENERGYの3枚のオフィシャルアルバムを全国リリースしている。
アメリカNo1ヒップホップマガジンTHE SOURCEの誌面も飾る。
3rdアルバムENERGYからはEVEN IF IT ENDSの曲の人気が上がりカラオケの挿入歌となった。
2012年~2015年にはSTREET MONEY Vol 1、Vol 2、Vol 3、Vol 4のストリートアルバム4枚をリリース。
HUSTLE HARDの曲ではMOBB DEEPのHAVOCと、SHO名義でコラボを成し遂げアメリカのTHE SOURCEホームページにて取り上げられた。
通算CDセールスは5万枚突破。

2012年には、Youtubeにて365回のフリースタイル動画を公開して世界初の偉業を成し遂げる。
配信シングルではLive 4 Da Moment、TOKYO TOWERの曲が、アジア人では珍しく世界で認められるハイセンスな曲となりSHOのオーラが全面的にでているMusic videoが多くの人々を魅了し、多方面のメディアから評価を得る。その後は、フジテレビ、テレビ東京、MTV、スペースシャワーなどにてMusic videoがオンエアされた。

またSHOのライブパフォーマンスの人気も高く、TYGA、IYAZ、NEWBOYZ、TRAVIS PORTER、ROSCOE DASH、WE ARE TOONZ、FATMAN SCOOPなどと共演をした。
SOULJA BOYとはアジア人初となるフリースタイルセッションを成し遂げる。
2015年にブームを巻き起こした「薬物はやめろ」ヤクブーツはやめろの曲が社会派ラッパーとしてビートたけしのテレビタックルにて取り上げられた。
また、グラミー賞3冠を獲得しているSKRILLEXと2016年に「薬物はやめろ」を渋谷スクランブル交差点で共演した。SKRILLEXからもSHOのスタイルを素晴らしいと評価された。

2016年2月10日にはTHE BESTアルバムを全国リリース。
同年、田村淳氏のテレビ番組に出演し、日本中でSHOの唯一無二のヒストリーが話題になった。
更にSHOのシングル「ボウズにヒゲ」の曲がスマッシュヒットをし、EXILEのAKIRA氏を筆頭に数々の著名人がハマり日本中に拡がり、2018年さらなるビッグヒットが期待されている。

今後もワールドワイドなSHOから目が離せない。

 ■LIBRO

 日本のヒップホップ・シーン黎明期から活動をスタート。97年にラップ、トラックメイキング双方を手がけるスタイルでデビュー。98年にリリースしたミニ・アルバム「胎動」は、様々なアーティストが自らのスタイル確立に切磋琢磨するヒップホップ・シーンの中において、全く新しい風を吹き込むオリジナリティ性を提示、大きな話題を呼ぶこととなった。03年の「三昧」以降は、トラックメイカーとしてあらゆるジャンルの匂いを取り入れつつも、何にも偏ることのない自らのジャンルに昇華してしまう突出したセンスでラッパーやシンガーにトラックを提供。06年には   FUURI名義でフルアルバム&DVDをリリース。全曲のサウンドプロデュースを担当。09年にはLIBRO名義では初のインストアルバムとなった「night canoe」をリリース。20145月、当代きっての個性的なラッパーを招いた「COMPLETED TUNING」、そして同年末に発表されたインストアルバム「COMPLETED TUNING INSTRUMENTALS」、そして20151月にはBLACK SWANからEPGEAR」を、同年4月、全編で自身がマイクを握ったソロアルバム「拓く人」をリリース。10月に嶋野百恵をゲストボーカルに迎えたアルバム「オトアワセ」を発売。20165月、全編ラップソロアルバム「風光る」を発売。11月にはLIBROと餓鬼レンジャーのMC、ポチョムキンによるユニット“鶴亀サウンド“がミニアルバム『AWAKENING』を発表。201710月にはセルフリミックスを中心としたアルバム『祝祭の和音』を発表。
HOME
ABOUT
SCHEDULE
OPEN MIC
PARTY REPORT
DRINK
RENTAL PLAN
ACCESS
CONTACT